実用化に向けて前進してほしい

NIPS、パーキンソン病の運動障害の原因となる脳の電気信号異常を発見という記事より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000011-mycomj-sci


パーキンソンの研究グループの橘吉寿助教はパーキンソン病の症状を示す
サルのモデル動物を用いて覚醒している状態で脳の大脳基底核にある神経が、
発している電気信号をとらえることに成功したそうです。
それによりパーキンソン病のモデルザルの大脳基底核では、
正常では見られない発振と呼ばれるリズム異常が見られる事が判明しました。

このようなリズム異常はパーキンソン病で欠乏しているドーパミンの投与によって、
消える事が分かっているために、パーキンソン病においては
ドーパミンの欠乏によって大脳基底核内の神経回路で正常な時には見られない
発振が発生し、本来の正常な運動指令の流れが阻害され、
運動障害が発現しているのではないかと考えられたようです。

パーキンソン病そのものの原因は分かっていないものの、
対処療法としての薬物投与で改善が見られる可能性が出てきたようです。

普通に生活できるレベルに戻れるとあれば早く新薬を開発して処方できるように
してほしいと望んでいる患者さんは世界中に多数いると思います。
たしか「バック トゥー ザ フューチャー」の主演をして人気者になった
アメリカの俳優さんもパーキンソン病を患っていて、今は引退状態なんですよね。

苦しんでいる人の救いになるように、実用化に向けて一歩でも前進してほしいです。
[PR]
by okboy5r | 2011-12-15 15:59 | 日記