カテゴリ
全体
ニュース
音楽
日記
読書
未分類
以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
メモ帳
タグ
その他のジャンル
最新の記事
nexus10はipadと対..
at 2012-11-02 18:06
ツーシーズン着ない服は処分しよう
at 2012-10-23 21:38
すごい世界のスポーツクラブの..
at 2012-05-13 23:10
その先にやってくるものは何な..
at 2012-01-29 18:43
炭酸で肌に潤い?
at 2011-12-15 19:43
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

その先にやってくるものは何なのだろう?

密度を増す恒星の行く末は。

マルタ・アルゲリッチのDG音源を完全網羅する? ボックスシリーズ第三弾は、大方の予想通りの室内楽集。クラムシェルボックスに初回リリース時のジャケットを再現した紙製内ジャケ、たいへん丁寧な編集のブックレットなど、シリーズ共通の仕様。なお全6枚の収録内容については、DG公式サイト http://www.deutschegrammophon.com/cat/single?PRODUCT_NR=4778847 (全曲試聴つき)を参照されたい。

Vol.1が8枚組、Vok.2が7枚組、そしてVol.3は6枚組と、徐々に数が減っていくようだが、逆に録音年は現在に近づいている。ここでは1980年代以降、アルゲリッチが演奏活動の軸足を置いた二台ピアノ、三重奏そして四重奏を聴くことができる。参加ミュージシャンはエコノモウ、フレイレ、クレーメル、マイスキー、バシュメットそしてプレトニョフ。
彼らとの演奏は、すべて対等な立場での共演で、ゆえにこのボックスは(EMIのように)「アルゲリッチ&フレンズ」の名義とすべきかもしれない。もちろん、共演者に異議を唱える人は誰一人いないはずだが。

収録曲については、ここまでのシリーズ中もっとも地味である。これは一般的に知名度の高い曲が含まれないためであり、また二台ピアノなどの演奏形態も、ポピュラリティに欠けるかもしれない。アルゲリッチ作品の、ソナタやコンチェルトのみに接してきたきた方は、戸惑うことも多いはずだ。
だがここに収めれた演奏は、密度と緊張感という意味では、過去の二つの箱に勝るとも劣らない。というより、むしろ凌駕しているようにも思える。それは6枚中3枚を占めるピアノデュオで、より顕著に感じられる。そこでのアルゲリッチの演奏は、まるで終焉に近づくにつれ、じわじわと密度を増していく巨大な恒星のようだ。では、その先にやってくるものは何なのだろう?

なおアルゲリッチのDG録音には、ここまでのボックスに収められなかった音源がまだ多く存在する。ピアノ以外のデュオ作がそれで、そうした音源も来年にはボックス化されることだろう。全集完成も間近のようだが、それ以上に新作を期待して待ちたい。

Collection 3: Chamber Ensembles
[PR]
by okboy5r | 2012-01-29 18:43 | 音楽